視点変更でも飽きない感じ。
 敵チームからのアドバイス。部内試合。

 同じポジションの田中。

 エース。

 繋ぐ。日向さん達以上に…。

 斉木楠雄とは、別の世界だからね。

 3枚ブロック!

 全部拾えるワケない。スピードの説得力。

 分かってることが大事。気持ちの勝負。

 主人公サイド。

↓続き↓

うーむ。面白い。私は、数えるくらいしかバレー漫画を読んでなくて、それも、ジャンプでのばっかりなんですが…バレー(漫画)って、こんなに面白かったのか…と思いました。多分、素材だけじゃなくて、調理の部分もあると思うのですが、例えば、内容的には前回とかぶっている部分でも、キャラ等の視点変更して、同じシーンでも、飽きない感じになっているとか、そういうことかな…と思います。
東峰旭復活!?ハイキュー!!第21話「エースへのトス」のテーマ性…等ジャンプ一言感想『Q』ジャンプ2012年33号3